【ゆく年】来年こそは働かずにサボりたい(定期)【くる年】

オリンピックイヤーも無事、暮れて。 華やかさは無かったとしても、大混乱じゃなければそれでいい。日本は平和でしたね…じつに…。ウン。 遠くの山に遠征は出来なかったけど、近所の山にはたくさん登れたのでまぁヨシ! さて、2021年今年一年の振り返り、時事ネタを中心に、各月のピックアップ記事でも貼っていきますよ。 ◆…
トラックバック:0

続きを読むread more

ダチョウの卵の殻ビーズから考える古代アフリカ人類の「文化交流」ルートとは

現世人類の起源は東アフリカで、20万年ほど前だろうと言われている。 そこから人がどう広まっていったのかについて、現在は定説がガンガン書き換わっている状態ではあるのだが、少なくとも、早い段階でアフリカの南端や北西部に移動した人たちはいたらしい、ということが分かってきている。 ただ、人の移動を追う方法が難しい。 人骨はなかなか出て…
トラックバック:0

続きを読むread more

初めて通しで「AKIRA」を見た。昭和の終わりに作られた「近未来もの」の面白さ

作品タイトルと「『さん』をつけろよデコ助野郎!」の有名なセリフだけは知ってるわりに内容よく知らなかったAKIRA、期間限定の無料公開やってたので見てみた。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/24/news134.html 物語の舞台は2019年、2020年にオリンピ…
トラックバック:0

続きを読むread more

今年も考古学発見物のTOP10が発表されていたので見てきた。

年末といえば、「10大xx」とかアレですかね。 ここんとこ毎年見ている発見物Top10が今年も出てたんでちょっとリスト化。ただ今年の内容は、うーん…これチョイスするの? もっと面白いやつあったやん? みたいな感じだった。 Top 10 Discoveries of 2021 https://www.archaeology.or…
トラックバック:0

続きを読むread more

アラブ人移民が来る前のヌビア地域はどんな場所だった? 古代の人骨から見る世界の繋がり

この論文はなかなか面白いな、と思ったのでメモ。 ヌビア地域というのは、ざっくり言うとナイル川上流ののエジプト北部とスーダン南部地域で、古代エジプトの時代にはエジプトの南の支配地域、植民地か属国のような扱いだった場所。 6世紀以降は紅海からイスラム教徒/アラブ人が移住してきて優勢となるが、それ以前にはキリスト教徒の土着民が多かった。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

クルド人の祖先にまつわる伝承と、肩先のヘビの話

以前、クルド人の口承伝承について気になる記述を見つけたことがあった。 「古代ペルシャにはザッハークという残虐な王がいた。両肩からヘビが延び、全身に痛みが走る。ある日、医者に化けた悪魔から『若者の脳みそを両肩のヘビに食べさせれば痛みは収まる』と聞かされ、王は毎日、二人ずつの若者を殺させるようになった。だがある日、若者を殺すのをためら…
トラックバック:0

続きを読むread more

原始キリスト教と同時代に分岐。歴史はあるけど知名度低い「マンダ教」について

日本語でマンダ教の資料探しても全然出てこないのである…。 Webだとこのへんとか。 謎の古代宗教「マンダ教」の教団をイラクで訪ねた https://bunshun.jp/articles/-/12218 唯一載ってたのがこの本で、元々グノーシス主義の本なので一節だけ使って概要と神話の一部が書かれている程度。ただ、ある程度…
トラックバック:0

続きを読むread more

「鷹の首」を得るには何人の裏切り者が必要か。ラメセス3世暗殺と、「後宮陰謀パピルス」のあらまし

ラメセス3世は、第20王朝の王。「最後の偉大なファラオ」と呼ばれる人物で、古代エジプト栄光の時代はここで一度、事実上の終焉を迎える。(以降の王たちは短命で、対外遠征や大規模な記念物の建造など目立つ業績が無い) 偉大だったラメセス2世に憧れ、自らの即位名や息子たちの名前をラメセス2世に倣って付けるというガチ勢っぷりを示すものの、第1…
トラックバック:0

続きを読むread more

古代エジプト・知られざる紀元前4千年紀「白色交線文土器」

見慣れてるし、何ならわりと好みだったあのツボの独特の模様、実は名前あったらしいんですよ… え?! 君そういう様式だったの? みたいな。だけど日本語でググっても出てこなかったので、自分で書いて置いときますね… White cross-lined または C-Ware →和訳では「白色交線文」 こういうやつですね!! …
トラックバック:0

続きを読むread more

古代エジプトの書記の三段腹の意味するところ、とは。

古代エジプトの書記坐像は、おなかの皮がたるんで三段腹になっていることが多い。こういうやつ。 この三段腹について、「太っている=裕福であることを表現している」のような説明をよく見かけるのだが、なんか違うな?? と思った。 太ってたら、下腹が出るから。 そう、これは、そのまま見れば、太っている表現ではないのだ。…
トラックバック:0

続きを読むread more

過酷なヘレニズム大奥を生き抜くためには。エジプト女王、アルシノエ二世の人生とその後

アルシノエ二世とは、プトレマイオス朝の二世代め、プトレマイオス二世の実の姉にして妻であった人物だ。 アレクサンドロス大王亡き後のヘレニズム世界で繰り広げられた、後継者たちの争いーーディアドコイ戦争と、その直後の時代を生きていた。 そして、プトレマイオス朝で初めて、兄弟姉妹婚をした人物でもある。 …そう、のちに最後の女王、クレオ…
トラックバック:0

続きを読むread more

東地中海世界の文化圏の交錯:キプロス島から古代エジプトの遺物が発見される。

キプロス島は、東地中海のちょうどいいとこに存在する島である。 エジプト文化圏とも、メソポタミア文化圏とも、アナトリア文化圏とも、そしてギリシャ文化圏とも被っている。なのでそれらの遺物が重なって出土する。 今回報告されている発見も、その一つだ。 Gold Jewellery From The Time Of Nefertiti …
トラックバック:0

続きを読むread more

エチオピア南部ゲデオの巨石群、想定されてたより1,000年ほど古いという報告が出る

エチオピアには、知られざる巨石遺跡がたくさんある。 中の人が以前訪れていたアクスムなどは最も有名なものだが、実は他にも石柱をぶっ立ててる場所が点在するのだ。そして、それらのほとんどは、あまり詳しく調査されていない。 今回調査されたのは、暫定世界遺産リストに載ったばかりの南部ゲデオ。 日本語で検索してもサッパリ資料が出てこないく…
トラックバック:0

続きを読むread more

悪の宰相は(たぶん)お仕事めっちゃ忙しいし、二人セット。古代エジプト・新王国時代の政治体制

古代エジプトの政治体制がどうなっていたか、というのは研究が一杯でてるんだけど、わりと日本じゃ知られてないっぽいなぁ。と思ったので、メモしておきたい。 *これが体制表(出典元: ファラオの生活文化図鑑/原書房) 重要ポイント:エジプトものの創作でよく使われる新王国時代には宰相は二人いる。 これは上エジプトと下エジプト…
トラックバック:0

続きを読むread more

古代エジプト王の冠はなぜ残っていないのか。~各王ごとに作っていたはずなのに?

古代エジプトの王の冠は、下エジプトを意味する「赤冠」と上エジプトを意味する「白冠」を合体させ、二つの国の統治者という意味で「二重冠」だ。 こういうやつ。 被っているところのイメージ図としては、こんな感じ。 それなりに硬い材質でないと形が潰れてしまうので、木の枠に布を貼るとか何か工夫をして作ってたのだと思われ…
トラックバック:0

続きを読むread more