ヨーロッパの青銅器時代の短剣、戦士のステータスシンボルではなくお肉切り分け用だった可能性が高まる。

今までは見た目で用途を分類されていた副葬品に入ってる刃物、刃に残ってる使用痕や有機物の痕跡から用途を割り出す手法が考案された、という話。 今回の分析では北イタリアで発見された約4000年前の10本の薄手のナイフについてが対象で、いずれも有機物は動物の脂肪などと判明。動物の屠殺や肉の切り分けなどに使われていた、という結論になった。 こ…

続きを読むread more