豚インフルエンザは、きっとアステカの死の神が…

もう夏が来るっていうのにインフルエンザの季節だそうで…

エジプトではコプト教徒の皆さんが豚を殺せと政府に迫られ、世界各国で豚肉の不買運動なんかも起きているようですが、ぶっちゃけそんなことしてももう手遅れだと思いマス。
「豚」インフルエンザって名前がついているのは、遺伝子的には豚にしか感染しないインフルエンザに近いからっつーだけで、実際は鳥インフルエンザとヒトインフルエンザの遺伝子も併せ持ったハイブリッドな新型インフルエンザのようですし。ヒトからヒトへ感染する能力を既に手に入れてしまった今、豚だけ隔離しても無駄無駄無駄。


そんな話題の新型インフルエンザですが。
発生源はメキシコのヴェラクルス州という可能性が浮上しているとか。

【新型インフル】発生源は南部養豚場?メキシコ政府は否定


  なんだ、アステカの神々の仕業か。


今のところ死亡者がすべてメキシコ人ということもあって、脳内ではアステカの神々が生贄を求めていると変換されました。きっとインディ・ジョーンズっぽい誰かが、遺跡の奥に封印された神域とかをぶっ壊しちゃったに違いない! そうに違いない!

アステカ神話で疫病の神っつったら…。死に関わる神々の心当たりが多すぎますな。ミクトランテクトリは冥界のドンだけど、自ら地上で死者を作ったりはしなさそう。姿こそグロテスクだけど穏健派だし。

やっぱりシペ・トテックあたりが妥当かなあ。
天然痘を広める神だけど、疫病の配布ノウハウに長けてそう。


ちょいと調べてみると、今現在、インフルエンザ流行の影響で封鎖されている遺跡はテオティワカンとチチェン・イッツァのあたり…。ぬうう、これまた心当たりが多すぎてどう設定したらいいのかわからん遺跡だ。テオティワカンなら「月のピラミッド」とか「死者の道」とかあるし。チチェン・イッツァなら生贄クンことチャック・モールがあるし。共通しているのはマヤ人が作って放棄したあとにアステカ人が再利用した遺跡、ってことかな。

ヨーロッパの人なら「ケツァルコアトルの呪いだ」とか言い出すかもしれないな。
パンデミックと見せかけて実はこれはケツァルコアトルとテスカトリポカの戦いだったのだよ!111



#ちなみにテノチティトランは、現在のメキシコシティの辺りです
#アステカ文明(アステカ人)は全滅してません…メキシコ人の中にまじっとります

この記事へのトラックバック