カリフォルニアの大規模火災と、その原因。環境破壊ってレベルじゃねぇぞ

アメリカ西岸、さいきんしょっちゅう火事で非常事態宣言してるなって話ですが、もうこれどうにもならないんじゃないかな…人間がその地域を去るまで。

カリフォルニア州最大の山火事、8月いっぱいは燃え続ける=当局
https://www.bbc.com/japanese/45107772

画像


7月末に燃え始めたのに、8月いっぱいは鎮火しない見込み という、とんでもない燃え方。
そして消防士が足りないので服役囚をボランティアとして働かせているという。

これは

 ・気候が例年より乾燥していて燃えやすい
 ・燃えやすい種類の木が揃っている

ということに加えて、

 ・にもかかわらず人間が毎年ミスをする

のが原因のようだ。

記事内にある、「山火事「カー」については、タイヤのパンクが原因だと判明した。当局によると、7月23日に自動車のホイールがアスファルトに当たった時の火花が山火事へと発展」…という部分である。

実はこれは特異で不幸な事故ではない。実際に、カリフォルニアの山火事の原因のなんと95%が人為的な原因なのだという。

カリフォルニア山火事、95%は人為的
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9253/



" 2007年には、サンディエゴ近郊で電線が落下し、火災が発生。被害は約8万ヘクタールに及び、2人の命が奪われた。

 2009年にサンタバーバラ郡で約3500ヘクタールに燃え広がり、80軒の住宅を飲み込んだ火災は、草刈り機の火花が原因だったと考えられている。

 5月には、ランチョクカモンガで行われた違法なキャンプファイアが1000ヘクタール以上を焼け野原にしている。

 サンディエゴ郡では2000~2010年、火災原因の1位は電動工具で、全体の20%を占めていた。2位以下はキャンプファイア(10%弱)、放火(約5%)、ごみを燃やす行為(約4%)だ。 "



燃えやすい条件の揃った場所でキャンプファイヤしたりゴミ燃やしたりすれば、そりゃあ山火事になるのは当然。そう、これ、異常気象のせいとかじゃなくほぼ人間のせいなんですよお察しください。炎上により大量の二酸化炭素は排出されるし、動植物が壊滅するし、環境破壊ってレベルじゃねーぞ! 住んでる人たちも消防の人も命を危険にさらしているし、もうね、失敗をコントロールできないのなら、人間はこの土地に住んじゃいけないと思うの…。

この記事へのトラックバック