マダガスカル島に人類が到達したのはいつなのか。「最古の遺物」と「生物の大量絶滅」から

地球上に疫病をバラまくゲームで最後まで残りがちな、微妙な位置にあるマダガスカル島。アフリカに近いんだから昔っから人が住んでるだろうと思ってたら実はそうでもないらしい、ということを最近知った。

Researchers confirm timeline of human presence on Madagascar
https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2019/10/researchers-confirm-timeline-of-human.html#0BxTXoY0FxA4WIRO.99

mada2.PNG

マダガスカルはここね!

mada.PNG

この記事によると、以前は2,000年前くらいじゃない? と言われてたのが11,000年前まいで遡った、とのこと。それでも1万年ちょっと前までしか人間の痕跡が見つからないんだから、どんだけヘンピなんだよという話である。

人間が到達した日付は、人の骨や人工物の年代測定の結果を統合して出している。
見つかった遺物の地図がこちら。

Madagascar-02.jpg

しかし、人間の痕跡の中で最も古いものが1万年を遡るとしても、それより前のものが見つからないので、今のところ11,000年前までは無人だったという説になっている。また、この最古の事例についても、その後も人が住み続けたというよりは、一時的に訪れただけではないかという説に傾いているようだ。

その理由が、マダガスカル島の独自の生態系である。
島という閉鎖環境では生物が独自進化しやすい。その独自の生態系のうち、この数千年のうちに一気に絶滅してしまったものがいくつかいる。たとえばエピオルニスという大型の飛べない鳥だ。この鳥は、島に住み着いた人間によって捕食され、17世紀にヨーロッパ人がマダガスカル島を訪れた時には既に絶滅していたか、ほとんど生息していなかったとされる。

research-social_science-aepyornis.jpg

島で繁栄を謳歌していた大型生物の絶滅が人間によって食べられたことによるものとすれば、それなりの数の人間が定住するようになったのは、やはりここ数千年くらいのことだろうという。しかも最初に住み始めたのはアフリカから移住した人々ではなく、アジア系の人々がわざわざインド洋を越えてやってきたと考えられているようなので、何とも不思議だ。

アジアまでやってきた人々はその何万年も前にオーストラリアまでの大航海を成功させていたのに対し、アフリカから近そうに見えるマダガスカルにはアフリカ人がたど辿りついたのが、つい最近とは…まさか、航海技術や外洋への好奇心は、出アフリカした人類のもので、アフリカに居残った人々には薄いものだった、なんてことはないと思うのだけれど…。

この記事へのトラックバック