"旅行・アウトドア"の記事一覧

しばらく いません

うん、またいつものあれなんだすまない 連絡がつかないときは VPN繋がらなくて壁を突破出来てないか、当局に拘束されてるだけだと思うので気にしないでください。 仕事始めには戻って来ます(`・ω・´)>
トラックバック:0

続きを読むread more

今年もそろそろ登山シーズン終了。雨が…多かったな…。

今年もそろそろ登山シーズン終了です!! 年末が近くなると雪も降るし忙しいし、年内はあと1回行けるかどうか… というわけで、〆に紅葉を見に行って来た。 いい色づき具合! そもそも今年は6-7月に雨が多く、特に7月は台風+週末の荒天で山に行けないまま終了してしまった。 そして10月は大きな台風が…
トラックバック:0

続きを読むread more

【離島旅】対馬へ行ってみよう!

発端 マイレージが溜まってて優待券で国内はどこでも行ける状態なので、どっか行こう  ↓ 色々あって対馬の観光客が激減ですいてそう  ↓ 南のほうはあったかそうだし、行ってみるか! というわけで調べ始めたのだが、そもそも観光情報が入手しにくいとか、日程が立てづらいとか、前提となる問題が色々とあり… 対馬に観光客が…
トラックバック:0

続きを読むread more

雲のうまれるばしょ

登山をしていると、雲が出来る場面に出会うことが多い。 山の斜面に沿って暖かい空気が上昇する時、山の水分を巻き込みながら山の上に雲を作るのだ。でも自分のいる山でそれが起きると、自分の目の前が真っ白になってしまうのでマジ何も見えないし何も分からない(笑 こんな風に… 遠くの山で起きていると、その様子を横から眺めることが出来る…
トラックバック:0

続きを読むread more

対馬に観光客が来ない理由を分析してみた。

日韓の関係悪化と、去年から始まっている韓国経済の後退の影響を受けて、韓国人に人気だった観光地で軒並み観光客減になっているという話があった。特に、韓国から近い対馬の影響が大きいらしい。 "長崎県などによると、対馬市を昨年訪れた観光客は約53万7千人で、韓国人が4分の3を占めた。25の主要宿泊施設のうち、約10施設で、今年7月の宿泊者…
トラックバック:0

続きを読むread more

尾瀬笠ヶ岳~湯の小屋 今までに一番キツかった山道の話をしたい…。

時間はかかるけどまぁ楽勝だろう、と思っていた道がキツかった。山道は登りより下りで体力を使う、そして整備されたメジャーな登山道より整備の行き届いていないマイナーな登山道のほうが歩きづらい。という話である。 尾瀬笠ヶ岳とは、↓こういうカンジの山。 見ての通り とてもピラミッドっぽい形をしている ので眺めて楽しい山である。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

今年も夏山ハイシーズンですが、人が増えていて登れる山が少ない

山登りにはいい季節となりました。そろそろ3,000級の高山も山開きが近くなるのでソワソワしている人も多いかと思いますが、今年は山によっては残雪多めなので山開きに溶け切らないとこもあるみたいですよ。まぁ富士山とか見れば判ると思いますが。上の方が白いのあれ全部雪ですからね。 さて、最近は中高年の登山ブームみたいで町に近いアクセ…
トラックバック:0

続きを読むread more

めも アディスアベバの国立博物館で見たこの像の詳細が分からないので

アディスアベバの国立博物館に収蔵されていた遺物の自分用リストとかは こちら このリスト内でどうにも気になるのが Addi-Gelamo から出土している女性像で、見た目からして、エジプトの伝統的な神々に捧げものをするファラオの座像と、メソポタミアの祈願者像を足して割った感があるのだが、この解釈でいいのかどうかが分からない…。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

エチオピア北部まとめ(反省会)

というわけで、だいぶ駆け足だがエチオピア北部遠征resultをまとめておいた。 今回は主に遺跡巡りメイン、北部のみだったが、前から気になってたアクスム王国関連の主要な部分は回れたかなと思う。 遺跡と遺物を見て回って思ったのは、やっぱアクスム王国ってアフリカ東部のかなり大きな文明だったんだな、ということ。 ア…
トラックバック:0

続きを読むread more

エチオピアにおける中国企業の進出状況と今後の展望

エチオピアで一つ面白いトピックがある。 「中国のエチオピア進出」だ。 経済紙で読むとブーンで流してしまう内容が、現地に行くと無視できないレベルで目の当たりにできる。 まず国際線の拠点となっている首都アジス・アベバの空港からして、中国資本で建て替えが進んでいるのだ。 この工事現場では、ヘルメットかぶった中国…
トラックバック:0

続きを読むread more

アジス・アベバの国立博物館/考古学遺物に足りない説明を加えてみた

エチオピア首都アジス・アベバの国立博物館は、「国立…?」と疑問符がつけられるくらいの規模と設備で、冗談抜きに1時間もあれば見終わるくらいの規模しかない。しかも隣に廃墟ビル建ってるし。公認ガイドは地下階と1Fの皇帝コレクションだけ説明して出ようとするし。 とはいえ、地下1F、地上3Fもある充実した博物館と見せかけて、…
トラックバック:0

続きを読むread more

エチオピアの「エルサレム」探訪 ラリベラの岩窟修道院巡り(2)

さて、ひきつづきラリベラ観光。 村の中心にある山の上に岩窟寺院が点在しているような状態なので、ひたすら ひた すら 岩山を登り続けることになる。だいたい途中で教会の名前が分からなくなる。(笑 入り口に看板がたってる教会もあるんだけど、無い教会もあるから…。 ほぼ迷路。 これは第二教会群と呼ばれてるあたりのも…
トラックバック:0

続きを読むread more

エチオピアの「エルサレム」探訪 ラリベラの岩窟修道院巡り(1)

エチオピアの北部にある聖地ラリベラは、地名の由来ともなっているラリベラ王によって12世紀から建造された岩窟寺院群と、聖地まで行くのが遠いから自分とこに作っちゃえ! と作られた「ミニ・エルサレム」のある場所。 国境からわずか40キロの距離にあり、かつてエチオピアが隣国エリトリアとドンパチやってた時代には外国人の立ち入りが制限されていたが…
トラックバック:0

続きを読むread more

タナ湖の教会めぐりに行ってみた

ブルーナイルとタナ湖のクルーズのセットは、バハルダールではわりと定番の観光ルートらしい。 タナ湖といえば、その奥の島にある教会に、十戒の石板を収めたという聖櫃<アーク>がかつて安置されていたとか、幼いキリストを連れたマリアがエジプトからここまでナイル川を遡って来ていたという聖家族の逃避行伝説があったりとかする場所。また…
トラックバック:0

続きを読むread more